安心して企画段階からお任せを!
広島発の出版&編集制作メディアカンパニー

山本速

山本 速                     (Sumiya Yamamoto)
株式会社ザメディアジョン/メディアマーケティング事業部
出版メディアコンサルティング課 課長

19851210日生まれ。射手座。山口県宇部市出身。

大学では外国語学部で英語を学び、オーストラリアに1年間留学。そこそこ英語を話せるようにはなったが、コンプレックスやプライドが邪魔して、オーストラリア人の会話の中に入っていくことができなかったことに今も後悔の念あり。一方で、時には野宿をしたり、食事はリンゴ1個だけの日もあったりなど、オーストラリアでの生活を通じて少々のことにはへこたれないという自信と根性を体得。この根性は、知らない者同士が集まる場でも自分から飛び込んでいく積極性につながっている。

小学校に上がる前から漫画に熱中し、中学・高校時代には司馬遼太郎らの歴史小説を愛読。大学時代には英語関連の本や自己啓発本を多く読むなど、幼少時から本に親しんできた山本は、自己分析で改めて自らの本好きを自覚し、出版社への就職を志す。当時、愛着を感じていた山口のタウン情報誌『月刊タウン情報YAMAGUCHI』(現在は休刊)を発刊するザメディアジョンに入社してからは、『広島グルメガイド』の営業を担当。当初は思うように営業成績が上がらず、留学時に感じたのと同じ無力感にさいなまれたことも。しかし、フリーマガジン『まるごと安佐南&安佐北。』へ異動してから、2人の先輩が自分に期待してくれていることを実感でき、それが仕事に好循環を生み出し始めた。『まるごと〜』の制作・営業における責任者となった今、「当時の先輩は自分の恩人」と、感謝を忘れない。

『まるごと〜』のクライアント関連のチラシやパンフレット制作、イベント実施に加え、自費出版のプロデュース、広島ホームテレビの人気番組のコーナーを単行本化した『ひろしま老舗物語』の制作など、現在幅広い仕事を手がける山本。「この仕事は流れ作業になってしまうとダメだと思います。いかに想いを込めた仕事ができるかが大切」と、常に自らを戒めながら仕事に向き合う。

山本の今の目標は、「3万部以上売れる本をつくること」。それも、広島が全国に知られるような書籍をめざし、自費出版をもっと多く手がけたいと熱く語る。そのために、書き手と何度も会って自らの心を開いて話し、相手の本音を知ることを心がけているという。「大切なのは“熱い想い”」。ずっと抱き続けるモットーには、いささかのブレもない。

_DSC4507

 

 

 

 

山本 速                     (Sumiya Yamamoto)の仕事実績