安心して企画段階からお任せを!
広島発の出版&編集制作メディアカンパニー

%e4%b8%8a%e7%b7%8f%e3%81%95%e3%82%93

上総 毬椰
株式会社ザメディアジョンプレス/編集

199428日生まれ。水瓶座。高知県高知市出身。

大学時代に結婚式場での写真撮影のアルバイトを経験したとき、主役の新郎新婦はもちろん、親戚や友人などの脇役の人たちが心から楽しんでいる様子を撮影することに喜びを感じた上総。その一方で、フリーペーパーを制作するサークルに所属し、地元の人々に直接会って取材をする楽しさに目覚める。その中で、大学生と地元の人々をつなぐ役割を担うことにやりがいを感じつつも、「自分なりのやり方で作ってきたけど、本当にそれが正しい作り方なのか」を自問自答。「いろんな人たちと媒体を作ってみたい。媒体の作り方というものを教わりたい」と考えるようになり、雑誌好きだったこともあって出版業界への就職を志望した。

そして、ザメディアジョン代表の山近義幸のカバン持ちをする機会に恵まれ、同社の面接を受けて合格。太平洋戦争末期に特攻隊の出撃基地であった鹿児島県の知覧を4度にわたって訪れ、感銘を受ける。自衛官を父にもつ上総は、この知覧訪問を通じて父の仕事の重みを実感したという。

入社後の初仕事は、『家族で遊ぼう!おでかけBOOK』の編集。「当初は慣れないことだらけで大変だったけれど、周囲の人に恵まれ、楽しく仕事ができた」と振り返る。現在は『広島エースグルメ』や『FLAG!』の編集を担当。仕事内容は以前よりもかなりハードになったが、特に広島を深く掘り下げる雑誌『FLAG!』の同行取材が楽しいという。同時に、思い通りに仕事を段取りよく進めることができない自分にもどかしさを感じることも。それでも、「一人前の編集者になりたい」という目標を掲げ、持ち前の根性を発揮しながら仕事に向き合う毎日だ。

仕事の手際よさ、部下への細かい心配りなど、見習いたいことがたくさんあるという上司や先輩に恵まれていることを自覚している上総。そうした環境に身を置くことができることに感謝し、編集者としてのスキルを今日も磨き続ける。

上総 毬椰の仕事実績